スポンサードリンク



42歳の主婦が独りでできた!浮気調査の方法とは?

別れさせ工作の元祖「別れさせ屋」のレディス秘密探偵社
元祖別れさせ屋、復縁屋。別れさせ工作、復縁工作、別離工作。

上手な探偵社の選び方

1.情報公開をきちんとしている
  ■所在地や責任社名(本名)をホームページやタウンページで公開している。
 中には、電話番号、メールアドレスのみ公開している探偵社もあります。こういう探偵社は、架空の場合が多いので選ばないよう気をつけて下さい。

  ■料金体系が詳細に決まっている
 「素行調査なら50万円です。」と即答するだけの探偵社では、料金の根拠が不透明で、選択の余地がありません。
 「素行調査のこの内容だから、この料金です。他にもこんな選択肢があり、ぞれぞれこの料金で行うことができます。」と詳しく説明してくれる探偵社を選びましょう。

  ■初期相談時に事務所で応対してくれること
 中には、喫茶店やホテルのロビーなど「外で会いましょう」という探偵社があります。
この場合、事務所が存在しない、後でトラブルが起きた時に来られると困る、自宅兼事務所の可能性があります。
ちゃんとした探偵社なら、お客が訪問したいと望めば、喜んで来ていただくはずです。
また、最悪な探偵社の場合、お茶代を請求することもあるようですが、払う義務はありません。

2.お客との接客対応
  ■急に態度が変わり、契約を急がせることをしないこと
   最初は、優しく応対をしていたが、この一言で対応が一遍。
   お客:「もうちょっと考えてから決めます。」
   探偵社:「絶対に浮気してますよ。」
       「頼むなら今がチャンスだよ。」
       「お金の問題じゃないでしょ」
       「手遅れになりますよ。」
       「あなたの人生、このままではお先真っ暗ですね。」

   脅迫的な言動に変わり、何とか契約させようとします。
   もし、悪意のない探偵社の場合は、
   「そうですね。よく考えてから決めた方がよいですね。」
   と答えてくれます。

3.契約内容がきちんとしている
  ■具体的な調査方法を説明してくれる
 浮気調査であれば、調査員は何人、車両は何台、機材は何を使う何時間の調査、調査開始と証拠をどのような形で取るのかなどの基本的な情報を説明してくれる探偵社を選びましょう。

  ■失敗した場合のリスクを説明してくれる
 調査の段階でいくつかのリスクが発生する可能性があることを説明してくれるところを選びましょう。

  ■契約外の追加料金を請求しない
   契約する前に必ず、追加支出がどのくらい必要なのか確認して下さい。
    ・着手金
    ・成功報酬
    ・延長料金
    ・深夜料金
    ・追加技術料
    ・機材料金
    ・車両代、バイク代
    ・写真代
    ・報告書作成費用
    ・その他 諸経費(交通費など)

   ※最終的に総額いくらになるのか、把握しておきましょう。

4.調査能力がある
  ■無駄な調査をしない
 必要以上の人数をかけて調査してないかチェックする。
 普通の尾行調査は平均2〜3人で行うのが通例です。それを倍の5〜6人で行ったり、必要以上の車両や機材を使用したりする探偵社もあるようです。契約する前に、見積り内容を良くチェックし、違和感に気づくことができます。
  
  ■機材、調査方法の知識が豊富
(暗視撮影,バイク尾行等ができる)
 一番重要な点は、調査の実力を持っているかどうかです。
 探偵とは名ばかりのところもありますので、必ず会って話を聞くようにしましょう。
実力があるかチェックする点については、概ね下記を参考に聞き出してみて下さい。

    ・バイクを使った尾行が可能か?
    ・調査員は何人使える?
    ・暗い場所での撮影はできるか?(業務用機材があるか?)
    ・デジタルズームと光学ズームの違いを知っているか?
    ・今までの実績を聞き出す

 実力のある探偵社なら、きちんとした調査ポリシー(違法調査はしない、無駄なコストは使わない)を持っており、難解な質問にも答えてくれるはずです。


【契約前に確認しておきたいこと】
 最低限、これらの質問に答えられる探偵社を選ぶようにした方が、トラブルに巻き込まれる危険を減らせると思います。

  ・バイクを使った尾行はできるか
  ・数百メートル離れた場所からでも証拠撮影できるか
  ・調査員は何人使うのか
  ・暗い場所でも証拠撮影はできるか
  ・料金に機材や車両代、報告書作成代などは含まれるか
  ・1日に何時から何時間調査するのか(深夜料金はいくらか)
  ・契約書類や領収書は作成してくれるか
  ・調査する日時を依頼者が指定できるか
  ・調査が成功しなくとも途中経過を教えてくれるか
  ・対象者に動きがなくても調査証拠は見せてくれるか
  ・調査時間が延長しそうな場合、事前連絡してくれるか
  ・実費が高額になりそうな場合、事前連絡してくれるか
  ・見積り金額以外に、追加請求があるのか
  ・調査の詳細や、実費の明細を見せてくれるか
  ・探偵社への連絡手段は複数存在するか
  ・契約後のキャンセルはできるか
  ・調査報告書は依頼者の指定した方法で渡してくれるか
  ・成功報酬の場合、どうなれば調査成功なのか
  ・成功報酬で失敗した場合、どんな返金方法なのか
  ・成功報酬の場合、着手金や実費は別途で支払うのか
posted by 鯉丸 at 10:00 | 探偵社の選び方

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。